抱っこ紐とは

抱っこ紐は、赤ちゃんを抱くのに便利な紐です。
とても古い時代から使用されていたものですが、最近では種類も用途も様々で、おしゃれなものも登場しています。


現在、抱っこ紐というと、赤ちゃんを包み込む大きなバッグのようなものが主流です。
以前は本当に紐のようなもので、赤ちゃんの体をママの体にくっつけておくといった形のものが多く、あとは紐で括りつけるといったようなものでした。
肩に食い込む紐が痛くてとか、赤ちゃんが動いたら危険と言ったことで、改良が続けられ、現在の使い勝手のよい抱っこ紐になったとされています。


一時は、それほど流行っていなかった抱っこ紐ですが、近年は抱っこ紐の存在が見直されています。
ママとの密着、顔と顔をあわせられることも安心感も多いですが、最近ではパパの抱っこ紐姿もみられるようになりました。
イクメンと言って、育児に積極的に参加をする夫が、抱っこ紐やおんぶ紐で子どもの面倒を見ている姿は、微笑ましいものがあります。


進化を続ける抱っこ紐ですが、内容を見ると種類も素材もいろいろで、用途に合わせて使い分けている方が多いようです。
いずれにしても、新生児からお出かけをしなくてはならないとか、抱っこしていないと赤ちゃんがぐずる、とにかくいつも一緒にいたいなどの目的はそれぞれですが、自分に合う抱っこ紐を見つけてみてください。
抱っこ紐は数種類も使い分けたというかたも案外いらっしゃいますが、それだけ種類があるということです。